一般的な訴訟までの流れ

不動産のトラブルに関しては、基本となる流れがあります。
ここでは特に多い「家賃滞納」から「明け渡し(立退き)」請求に至るケースを取り上げ、一般的な訴訟までの流れをご紹介します。
※各STEPのタイミングは目安です。

STEP1 内容証明郵便による未払い家賃の支払い請求を行う

(滞納から1カ月後)
※悪質性が高い場合、ここで明け渡し(立退き)請求を行うこともある。

矢印

STEP2 内容証明郵便による明け渡し(立退き)請求を行う

(滞納から3カ月後)

矢印

STEP3 協議を行う

(明け渡し(立退き)請求で入居者が応じない場合)

矢印

STEP4 地方裁判所で明け渡し(立退き)訴訟

(STEP③で解決しない場合)

矢印

STEP5 強制執行

(入居者が訴訟の判決に従わなかった場合)
裁判所の執行官を伴い、強制的に家財道具の撤去等を行う。

  • facebook
  • google+
  • youtube
弁護士法人菰田総合法律事務所までお問い合わせください TEL:0120-755-687 メールでのお問い合わせはこちら